水商売協会ロゴ

営業は確率論

HOME > 会員限定コンテンツ > 営業は確率論
2019/09/07 (土)

営業は確率論

「営業は確率論である」

 

誰もが一度は聞いたことがあるかもしれません。

でも、聞いたことはあっても、

深く理解している人は一部でしょう。

 

確率論に感情は不要です。

 

「気に入ってくれたと思ったのに、

 なぜかあの子と同伴してきたの?」

「太いお客様と切れてしまった」

 

こんな時は、悔しさ、悲しさを感じる人が多いでしょう。

 

しかし、努力しても報われるのは一定確率なので、

「このお客様がダメでも次がうまくいくはず」

「お客様は一定期間で離れるものなので、

 種まきを怠らないようにしよう」

と考えましょう。

 

それに、感情的になることによって、

プラスの行動を選択することはほとんどありません。

お客様にとって重要なのはあなたの行動であって、

あなたがどう思うかではありません。

 

時々「お客様を取られた!」と

感情的になってしまうキャストがいます。

・そんなことを言っているから心変わりされる。

・お客様にとって、あなたを選ぶメリットは?

・そもそもお客様はあなたの所有物ではない。

 (あなたの彼氏ですか?)

 

冷静に受け止めましょう。

感情的な女性に売れっ子はほとんどいません。

また、確率はスキルによって変わりますが、

0も100も絶対にありえません。

 

落ち込んでいる暇があったら、

淡々と量をこなしましょう!

失敗の経験はスキルアップにもつながりますよ。

 

PAGETOP