水商売協会ロゴ

嫌なお客に遭遇した時

HOME > 会員限定コンテンツ > 嫌なお客に遭遇した時
2019/06/03 (月)

嫌なお客に遭遇した時

 

切るか(相手にしないか)、顧客にするか。

 

嫌なお客様は、大抵、どのお店でも、どの女の子にも嫌な対応をして嫌われているので、顧客としてゲットできる確率は高く、そういうお客様は、浮気しにくいということを知っておく必要があります。

 

嫌なお客様を顧客にする選択をすると、こんなメリットがあります。

 

・自分の人間力・精神力を高めることができる

・自分の人間力を周囲に証明するチャンスになる

・嫌なお客様が嫌な対応をする本当の理由を知るチャンスになる(他の方にも応用できる可能性)

・普通のお客様が、とっても良い人に見えてくる(笑)

 

とはいえ、嫌なお客様でも次のような方は、切るべきです。

 

・遅刻やドタキャンを平気でする

・値引きを求める

 

こういうタイプのお客様は、他のお客様への営業にも差し障るので、切りましょう。

 

そうではない嫌なお客様(例えば、「ブス!」「デブ!」などの悪態をついたり、嫌みな態度をとったりという方)を顧客にするデメリットは、ただ一つ。

 

あなたの精神的負担。

 

どうしても断る場合には「私が力不足なために、あなたを満足させることができません。だからごめんなさい」です。

嫌なお客様でも、その方の良い部分を見つけ出せるのが、キャストの能力の一つです。

あなたも猛獣使いになりませんか?

PAGETOP