水商売協会ロゴ

小金を追うな!大金を追え!

HOME > 会員限定コンテンツ > 小金を追うな!大金を追え!
2020/01/02 (木)

小金を追うな!大金を追え!

分かりやすい表現で、結論から言います。

ケチな子は絶対に売れません!

 

「でも、お金が欲しいから働くのだし、

実際に手元にお金が無いのだからケチになっても仕方ない」

と思う人もいるでしょう。

しかし、そういった厳しい状況と仮定したとしても、

キャストという職業柄、例え強がりであっても

「私の貯金通帳には1億円くらいは常に入っているのよ」

という気持ちや雰囲気でいなければいけません。

 

水商売始めたての頃は、本当にお金が無い人も少なくありません。

そんな時に「日払いOKだったら、日払いにしてもらおうかしら……」

と思うのも無理はありませんよね。

 

でも、ちょっと待って下さい!

それも実はNGです。

お店に「お金に困っている人」と位置付けられてしまうと、

マイナスの影響があることも忘れてはいけません。

 

「良いお客様と出会いたい。たくさん紹介してほしい」

もし、あなたがそう思うのだったら、

例えやせ我慢でも、その時点から一流のキャストと

同じ行動をとらなければなりません。

 

「小金」にこだわって、お客様にタクシー代をねだったり、

お客様から「タバコを買ってきて」と頼まれタバコをお渡しする際に、

タバコ代をもらおうと手を差し出したりするようなことは、もってのほかです。

 

お客様は、嗅ぎ分けます。

一流の人間か、二流以下の人間かを。

 

目先の「小さなお金」に惑わされ、

先々の「大きなお金」を失うことがないようにしましょう。

 

新人であっても、凛としたカッコいい背中のキャストでいてくださいね。

六本木の業界の帝王もおっしゃっていました。

「武士は食わねど高楊枝。これが俺の哲学だ。」

と。

PAGETOP