水商売協会ロゴ

お客様同士をつなぐ

HOME > 会員限定コンテンツ > お客様同士をつなぐ
2020/10/25 (日)

お客様同士をつなぐ

 

自分のお客様同士をつなぐという営業方法があります。

銀座ではある程度主流で、つなぎ方は様々です。

 

経営者の方なら、ビジネスマッチング的な形で「Aさんの事業とBさんの事業が手を結んだら、

きっといい感じ!」と自分で推測して紹介をする。

ただ、これはビジネス経験などがある程度ないと、なかなか難易度が高いはずです。

 

もう一つは、休日などにイベントを開き(お店が主催でも、自分が主催でも)自分のお客様を呼び、

自然と仲良くしていただくという流れです。

 

では、なぜこうまでして、お客様同士を仲良くさせると良いのでしょうか。

 

それは、自分の応援団が作れるからです。秋葉原の地下アイドルの応援団の団結力が近いでしょうか。

実際に女の子から自分が好かれるかどうかということは二の次(?)になり、

応援すること自体が楽しくなってしまうのです。

 

すると、今までのような「自分の席が短い!」などというヤキモチからのクレームもなくなるし、

来店頻度は上がるし、応援団的な存在は、自分のお店での存在感を増せるし、

妙なネチネチした誘いはされなくなるし、応援しているからこそ、お客様を紹介してくれるし、良いことずくめです。

お店のオーナーママなどは、一般的にこういう種類の接客がベースとなっている場合も多いのです。

 

ちょっぴり高度な営業手法ではありますが、もし勝算があるようならチャレンジしてみてくださいね。

PAGETOP